社内でスケジュールを共有する方法

社内と言っても、会社の規模によって話は異なりますが、一般的な中小企業を例に挙げると、従業員数約50人、営業と製造及び経理事務の主に3部署から成る会社として、この50人もの人数が会社のスケジュールを共有する事は可能でしょうか。

今までに培ったノウハウを活かし、スケジュールの管理の基礎知識をご説明をしたいと思います。

答えはイエス、IT端末を利用すれば誰もが各々の端末から全ての人や会社のイベントなどのスケジュール確認が可能となります。

目的に応じてYahoo!知恵袋について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

方法手順は至って簡単、嘗て大きな用紙に手書きで1週間分及び1ケ月分の予定と、各々の名前の横に勤務予定を書き込んでいたスケジュール一覧を、社員全員が見られるイントラネットで公表し、追加記入が出来るシステムを立ち上げればOKです。

会社の大まかなイベントや計画は1人が担当してまとめて入力、各々の予定は締切日を決めて、その日迄に入力するよう習慣付ければ、いつでもどの端末からでもアクセスするだけで把握出来るようになります。
例えば、営業部のA氏宛てに電話が入り、帰社予定時刻を聞かれた際、イントラネットを開くだけで実は今日から出張で、帰りはあさっての午後になる、と言った長期的なスケジュールも一目で分かり、先方を待たせる事もなくなります。



社内の業務内容の可視化と透明性の高い企業姿勢は、爽やかで信頼性を増します。
便利且つ様々なメリットを持つスケジュールの共有は長期的に見て、企業の収益や事業拡大に繋がる必殺術になるかも知れません。もし、未だ導入していない場合、貴方から提案してみては如何でしょう。